期間工求人は派遣と直雇用のどちらが良いか

期間工求人は、情報誌やサイト等にたくさん出されていますが、募集元を見てみると二種類のタイプがあることが分かります。
一つが、メーカーが直接募集している場合で、もう一つが派遣会社が募集している場合です。

両者とも同じ仕事をするわけですが、メリットが異なりますので、期間工求人に応募しようと考えている人は、いずれが良いのか考えてみましょう。



まず、メーカーの直接雇用のメリットは、給料水準が良いという点です。時給換算だと1400円台が相場です。
また、メーカーが直接雇用をしているという点で安心感もあります。


製造業で期間工求人を募集しているところは大手製造業ばかりであるため、給料がもらえないという心配はありません。
その点、派遣の場合は若干時給が下がる傾向にあります。

それは、仕事を依頼する側が派遣会社に払う分から中抜きをしているからです。

もちろん、直接雇用する場合よりも多くのお金をメーカー側は支払っていますが、派遣会社も一定の利益を上げないと運営できないため、どうしても中抜きが多くなります。
ただし、派遣会社にもメリットがあります。
それは、期間が満了した後にも、別の仕事を紹介してもらうことができる点です。
直接雇用の場合だと、最長期間が経過すると更新はできないため、同じところで働くには半年の間をあけなくてはいけません。



そのため、もしすぐに仕事を見つけたい場合には、自分で探す必要があります。

その点、派遣は登録型なので、条件が合う職場が見つければ、期間をあけずに働くことができます。

自分に合った日本経済新聞の詳細は専用ホームページで紹介しています。

top